令和4年度(2022年度)入園申し込みについて

       ※10月18日より入園申し込み申請書を配布致します。

        (配布受付時間:9:00〜17:00)月曜〜金曜日

 

       ※入園申し込み受付は11月1日〜26日まで

        (受付時間:9:00〜17:00)月曜〜金曜日

 

 

 

令和4年度(2022年度)入園申し込み説明会の開催について

令和4年4月入園希望の皆様へ

 

  2022年度の保育園の入園申込みや保育園の利用に関する重要な事項についての説明会を予定しています。当園への入園申込みをご検討される場合にはご出席ください。

尚、新型コロナウイルス感染拡大防止の為、少人数での対応とさせて頂きます。又、在園児の兄弟で入園を希望されている方に関しても今回の説明会への参加を控えて頂きたいと思います。(電話での事前予約が必要です。)

 

  日 時  令和3年11月20日(土)

  場 所  2階多目的ホール(時間厳守)

  時 間  9:00〜     (0歳児)

       10:30〜    (1歳児)

       13:00〜    (2歳児)

       14:30〜    (3..5歳児)

 

   説明会には各家庭より1名ご出席ください。

     (お子様の参加もお控え下さい。)

   説明会への事前予約が必要となります。

      11月1日(月曜日)〜説明会予約電話の日程

      9:00〜16:00

      電話番号(096−380−2116)

 

   入園申込関係書類をご希望される方は当日お渡しいたします。

   すでに入園申込関係書類をお持ちの場合は、説明会当日にご持参下さい。

   駐車場は第2グラウンドをご利用ください。(保育園南側道路直進)

   ご希望の方には、説明会終了後に園舎内をご案内を致します。

   ※当日参加できない方は電話での対応とさせて頂きます。

   ※入園申し込み申請書配布及び受付期間に関しましては上記に記載しております。

 

令和3年10月 

 

 

 

 

 

 

      

       

                         

 

マスク着用について 

 子どものマスク着用に関して、厚生労働省は子どもによっては発達の状況が異なるため、「一律にマスクを着用することは求めない」とし、日本小児科医会は2歳未満の子どもには不要でありむしろ危険とも提言しています。また、先日、WHO(世界保健機構)、ユニセフ(国連児童基金)からも同様の発表があっています。これにより、従来からの対応どおり園での子どものマスクは使用いたしません。

 



今後の行事予定

予定は変更する場合がありますので、必ず直近に配布します園だよりやクラスだより・お知らせなどでご確認ください。




 

10月

1日

(金)

避難訓練

 14日

(木)

 ECC英会話レッスン

(さくら・うめ)

身体測定(3歳未満児)

 15日

(木)

身体測定

(3歳以上児)

 

25日

(月)

誕生会

28日

 

 

ECC英会話レッスン

(さくら・うめ)

 

 

11月

2日

(火)

避難訓練

10日

(水)

内科検診

11日

(木)

 

ECC英会話レッスン(さくら・うめ)

16日

(火)

身体測定(3歳未満児)

17日

(木)

身体測定(3歳以上児)

22日(月)

誕生会

25日

(木)

ECC英会話レッスン(さくら・うめ)

12月

1日

(水)

避難訓練

9日

(木)

 

ECC英会話レッスン(さくら・

うめ)

14日

(火)

身体測定(3歳未満児)

15日

(水)

身体測定(3歳以上児)

20日(月)

誕生会

24日

(金)

クリスマス会

27日

(月)

大掃除

28日

(火)

終了式

遊びは学びの原点

  

  ‘‘人は生まれながらにして、生きるために自ら学ぶ’’ これはイタリアの教育者・モンテッソーリの言葉です。

 

子どもを、未完成な、教え込むべき存在として見るのではなく、本来、学ぶ力を持った存在としてその育ちを支えることが大人にとって大切な姿勢でないでしょうか。

子どもが成長するきっかけは、どこにでもあります。その環境を整え、子どもに気づかせる工夫が大切です。

何気ないところにきっかけはあるものなんです。だからこそ、「遊び」を大切にしたいと思います。

子どもの想像力には、大人はとうていかないません。
全ての子どもの可能性を信じ抜くこと。家庭も社会も、それが原点でしょうね


「原体験」!?

「その人の思想が固まる前の経験で、以後の思想形成に大きな影響を与えたもの」デジタル大辞泉

「記憶の底にいつまでも残り、その人が何らかの形でこだわり続けることになる幼少期の体験」大辞林

 

 つまり、成長してもいつまでも心に残り、その人の性格形成にも影響を与える体験ということになります。この原体験が多い人と少ない人では、その思考力にも大きな差が出てくると言われています。

 幼児期の遊びを通した経験に無駄なことは一つもありません。園でも家庭でも、色々な経験・体験が出来る環境を整えてあげたいものです。

平成30年2月1日