チョット寄り道を・・・

小山保育園

〒861-8045 

熊本市東区小山2-24-20 

Tel: (096) 380-2116 

Fax:(096) 380-2943

URL:oyamahoikuen.com

MILL:oyama@kids.zaq.jp

令和元年度日記帳2ページ


 このページの画像は、園児の活動の様子をご覧頂くのが目的で、特定の個人を紹介するものではありません。また、画像は無作為に選択していますので、内容に偏る場合がありますがご了解下さい。


令和2年3月30日(月)

 終了式(ゆり組以上児)

 

 今年度も終わりという事でホールでゆり組以上が集まり、一人ひとりの間隔をとり換気も行いながら短縮で終了式を行った。副園長先生より話をして頂き、子ども達は1つ学年が上がる事をとても喜んでいた。また、今年度で退職する荒木先生へ子ども達よりプレゼントを渡した。荒木先生からの話も子ども達はしっかり聞いていた。寂しげな表情を浮かべる子もいたり、まだよくわからないという表情の子もいたりと様々だった。これでお別れではなくまた遊びに来てほしいと思う。ホールでの式の後は各クラスで今年度最後の話など行い、次年度へ向けて期待を膨らませた。


3月28日(土)

令和元年度 第54回 小山保育園卒園式

 

 午前10:00~式が始まった。今年は新型コロナウィルス感染症の影響で在園児、来賓の参加を取りやめ卒園児とその保護者、職員のみで行った。いつもより短縮した内容で行う式なので寂しくなるのではと思っていたが、子どもたちの緊張した面持ちでの入場からはじまり、園長から一人ひとりに賞状が手渡され静かに式は始まっていった。園長からのお祝いの言葉はこれまでの子どもたちの成長を思い返されるもので保護者の涙を誘った。式は35分で終了したがその後に子どもたちからのメッセージの言葉と歌のプレゼントがあった。子どもの中には涙を流しながら大きな声を出して歌う子もいて、短縮した卒園式だったがとても思い出に残る式になったと思う。

「まだ、卒園したくない」と泣く子どももいて保育者冥利につきるとても良い式だった。

 今日卒園する子のこれからのますますの成長を願う。


令和2年3月19日(木)

ECC正課レッスン(うめ組・さくら組)

 

 今日は今年度最後のECCレッスンの時間だった。今までのレッスンのおさらいをしながら、当たり前のように単語が出てくる子ども達の姿に驚いた。改めて今年度、子ども達が楽しんでレッスンを受けることが出来て良かったと思う。天気や季節も覚え、手遊びやゲームなどいろんな英語に触れながら一年間とても楽しい時間を過ごしてきた。最後に修了証を一人ずつ頂き、嬉しそうに受け取っていた。

 さくら組はうめ組になっても、うめ組はこれから小学生になっても英語に興味を持って楽しく学んでいってほしいと思う。

 


令和元年度3月13日(金)

 お別れ遠足

 

 天気にも恵まれ、園庭でうめ組とのお別れ会を行う事ができた。副園長より話があったり、さくら組が在園児代表でうめ組との言葉の掛け合いをした。その後各クラスでプレゼントを渡した。うめ組の子ども達は各クラスからのプレゼントをもらいとても嬉しそうだった。最後に各クラス集合写真を撮って、2歳以上児は歩いてふれあい公園へ出掛けた。公園では『たけのこめだした』というわらべうたに合わせて、新聞紙を使ったゲームでうめ組と触れ合った。3歳以上児はみんなで公園でお弁当を食べたり遊んだりし楽しい時間を過ごす事ができた。

 年長児の卒園まで残り僅か…楽しい思い出を最後までたくさんつくって欲しいと思う。


令和2年3月9(月)〜3月12(木)

 お話し会(2歳以上児)

 

 今年度最後となるお話会がもも組からうめ組までのクラスで行われた。春をテーマにした内容で、気持ちも温かくなるような、絵本や紙芝居。そして、小道具や語り、わらべうたで子ども達も笑顔を見せながら内容を真似したり、体を動かしたりして参加する様子を見せていた。うめ組にとっては小山保育園で最後のお話会、楽しく過ごせたようで良かったと思う。


令和2年3月12日(木)

 マラソンさよなら会(3歳以上児)

 

 今日は10月の運動会後から頑張ってきたマラソンの本番、マラソンさよなら会が行われた。雨天の為予定日から変更にはなってしまったが、今日はあたたかい日差しにも恵まれ、青空の下、無事行うことが出来た。保護者や3歳未満児からの声援を受け、ゴールを目指して全員が頑張って完走することが出来た。練習の際にはマラソンが苦手だった子も、一生懸命な表情を見せ、最後まで走り抜けていた。ゴールした時の子ども達はとても嬉しそうで、長い間本当によく頑張って走ってきたと思う。園長先生に見守られながら、副園長先生にがんばり賞を頂き、大喜びの子ども達だった。

たくさんの応援をありがとうございました。


令和2年3月6日(金)

 おやま山 山登り(うめ)

 

 子ども達が楽しみにしていたおやま山の山登り。とても良い天気で張り切っておやま山の頂上目指して出発!

きつい急な山道も弱音吐くことなくぐんぐんと登り、友達や先生とお話をしたり歌ったりしながらあっという間に展望台に到着。小山保育園を皆で探し、職員を見つけて子ども達はとても嬉しそうに手を振っていた。それからはすぐに頂上にもたどり着いた。子ども達の表情は達成感に満ち溢れ、「やったー!」と喜ぶ姿が印象的だった。

ご厚意で作成していただいた、小山保育園の名前入りのプレートを頂上に立ててみんなで喜びを分かち合った。

しっかり休憩して、おやつも食べ、帰り道では木の実を拾ってお土産を持ち帰ることができ大満足だったようだ。

「楽しかった」「また登りたい」との感想が多く聞かれ、良かったと思う。


令和2年3月4日(水)

 幼年消防クラブ修了式(うめ)

 

 今日は、5月に結成した幼年消防クラブの修了式が行われた。消防法被を着て、副園長より修了証を1人ずつ貰い、子ども達はとても嬉しそうであった。1年間、火の取り扱いや避難についてを学び、結成時に約束した”火遊びをしません“をしっかりと守ることができた子ども達。これからも、この約束を忘れずに守ってほしいと思う。


令和2年33()

 ひな祭り会

 

 ひな祭り当日ということで、今年度は各クラスごとに保育室でのひな祭り会を行った。ひな祭りの由来の話をしたり、子ども達が大好きな「うれしいひなまつり」を歌ったりして楽しんだ。雛人形の顔それぞれに違いがあるということを子ども達に話すと、表情にも興味を持って反応しながら友だちと玄関ホールのひな壇を眺めていた。小さなひな壇とも一緒に、皆んなのすこやかな成長を祈ります。


令和2年2月17日(月)〜20日(木)

 お話し会(2歳以上児)

 

 今月も、もも組からうめ組までのクラスでお話し会が行われた。今回のテーマは、“見て聞いて、楽しい時間を過ごそう!”ということで、見たり聞いたりして様々なお話に触れた。年齢が上がるごとに、長いお話や難しいお話が増えていったが、どのクラスも目を輝かせて興味津々で聞いていた。「面白かった」と感想をいう子もいた。今年度のお話し会も残すところあと1回になり、毎月参加していく中で聞くことがとても上手になってきた子どもたち。次はどんなお話に出会えるかな…?


令和2年2月18日(火)

 うめぐみクッキング(焼きドーナツ)

 

 待ちに待ったドーナツ作り。嬉しそうにエプロンと三角巾を付け、しっかり手も洗って準備万端!給食先生に作り方を教わり、ホットケーキミックスに牛乳を入れ、生地を作るところから見せて頂いた。一人ずつたこ焼き器の中に生地を流し込み、生地が膨らんでいくところを見て「すごい!」と興味津々だった。お好みで中にソーセージやチョコチップを入れて、ひっくり返すとこんがりといい色に焼けており、食べると「おいしい~!」と大絶賛だった。おかわりもたくさんして、自分で作ったことでより一層おいしく感じたのではないかと思う。


令和2年2月7日(金)

 託麻東小学校交流会 (うめぐみ)

 

 子どもたちがとっても楽しみにしていた交流会。あいにくの雨で歩いていけず残念だったが、小学校に着くと広い校舎に目を輝かせていた。1年生のお兄ちゃんお姉ちゃんが元気よく迎え入れてくれ、学校生活のことを教えてくれたり、手を繋いで校舎を案内してくれた。一緒にお歌を歌ったり、ゲームやダンスなどもして楽しませてくれた。プレゼントであさがおの種付きのこまを貰い、大喜びの子どもたちだった。小学校への期待が高まり、小学生になる日が待ち遠しくなったのではないかと思う。